SWEET SOUL RECORDS: SPREAD REAL MUSIC, SOUL, NEO-SOUL, JAZZ, R&B, FUNK, HIP HOP

MAKE THE CHANGE PROJECT / Worldwide Collaboration Connected By Soul Music

  • CONCEPT
  • THE FIRST PROJECT
  • NEWS
  • ABOUT SSR

Concept - What is "Make the Change Project"?

激動の音楽市場。変わりゆく今だからこそ、同じ音楽を志すインデペンダントアーティストが協力を し、音楽シーンに変革を起こしていく時代。“Make the Change”(変革は自ら創造する)というSWEET SOUL RECORDS初のオリジナルメッセージソングに共鳴した世界中のソウルファンやアーティスト達 と世界規模のソウルミュージックシーンに橋を架けるワールドワイドプロジェクト。このプロジェクトの 第一弾が、一人のアーティストを中心に昨年12月に賽は投げられた。世界を繋ぐアルバムの制作、 そして世界ツアーを成し遂げるため、アメリカ、オランダ、ニュージーランド、オーストラリア、そして 日本でのコラボレーションが実現。いよいよ世界が共鳴を始める。

The project was started to create movement involving soul music artists and fans, that would resonate across all borders. Our cover album series “SOUL OVER THE RACE,” a collection of soulful classics from the 70's and 80's recorded in Tokyo with all Japanese soul singers and musicians, introduced Japanese soul to the entire world. This has lead to a worldwide collaborative project involving artists from the United States, The Netherlands, Australia, New Zealand, and Japan, an album which is set for a borderless journey on the wings of soul.

昨年はSWEET SOUL RECORDSで、レーベル初のオリジナルソングをワールドワイドで制作し、これを皮切りにワールドワイドの制作が開始した。

BLUE NOTE TOKYO

Nao YoshiokaとBrian Owensがブルーノート東京で共演
変革を起こす"Make the Change Project Tour"

アポロシアターのアマチュアナイトで準優勝し、トップドッグまで上り詰め、2013年11月にリリースしたデビューアルバム『The Light』がスマッシュ・ヒットを飛ばしているNao Yoshioka。”Marvin Gayeの再来”と呼ばれ、アメリカを象徴するニュース番組「グッド・モーニング・アメリカ」へ出演、ホワイトハウスでオバマ 大統領を前に歌声も披露したという経験を持つアメリカ期待のソウルマンBrian Owens。

この二人が2013年8月にアメリカで行ったショートツアーが”The Soul Exchange Tour”だ。このツアーの様子が公開され各種ネット媒体で取り上げられたことが、Nao Yoshiokaの大きな飛躍のきっかけとなったことは記憶にも新しい。そして、このツアー中にNao YoshiokaとBrian Owensがデュエットした”Ain’t No Mountain High Enough”は『The Light』に収録され、Brian Owensというシンガーの歌声もまた高い評価を受けることとなった。

そして2014年、Brian Owensは敬愛するMarvin Gayeのトリビュートアルバム『You’re All I Need – Brian Owens Sings Marvin Gaye』をリリース。このアルバムはレジェンドMarivin Gayeの楽曲に真正面から向き合ったBrianの姿勢と完成度の高さ、そして大胆なアレンジで高い評価を受けた。また、このアルバムに収録されたNao Yoshiokaとのデュエットソング2曲はまるでMarvin GayeとTammi Terrellが蘇ったかのような相性の良さを見せている。

そんな二人がついにここ日本で大きな一歩を踏み出す。これまで数多のソウルスター達がそのステージにあがってきたBLUE NOTE TOKYO。この歴史あるヴェニューでNao YoshiokaとBrian Owensが共演を果たす。バンドもアメリカから招聘し、”The Soul Exchange Tour”を上回る熱気が東京で再現される予定だ。

Nao Yoshioka and Brian Owens to Play Blue Note Tokyo as Part of the “Make the Change Project Tour.”

Nao Yoshioka, Apollo Theater Amateur Night runner-up who reached the “Top Dog” round and who’s smashing debut album “The Light” was released in November 2013, teams up once again with St. Louis-born Brian Owens, “The New Voice of American Soul” who is often referred to as the modern day Marvin Gaye and who has performed on “Good Morning America” and for President Barack Obama, to perform at the world renown Blue Note Tokyo.

“The Soul Exchange Tour,” began as a short tour with Brian and Nao in the US in August 2013 which included stops in Philadelphia, Wilmington, and St. Louis. The success of the tour has generated a lot of attention which included a duet between Brian and Nao. The duet, “Ain’t No Mountain High Enough,” is included on Nao’s debut album “The Light,” has received very high marks from around the world and has showcased Brian’s soulful voice.

In early 2014, Brian’s Marvin Gaye tribute album “You’re All I Need - Brian Owens Sings Marvin Gaye” was released in Japan and has proven to be very popular. The album has been praised for it’s bold arrangements and level of quality, and also for Brian’s interpretation of soul legend Marvin Gaye’s classic music. The tribute album also includes two duet songs with Nao Yoshioka, a rebrith of Marvin Gaye and another music legend, Tammi Terrell.

These two young people are taking their music careers another step with their Blue Note appearance. So many soul stars have played on Blue Note’s stage, and now Brian Owens and Nao Yoshioka will also grace the stage at this historic venue. “The Soul Exchange Tour” will roll into Japan accompanied by Brian’s powerful band from different cities in the US with Brian and Nao taking the lead.

Information
NAO YOSHIOKA & BRIAN OWENS

【DATE & SHOWTIMES】2014 5.1 thu. [1st]Open5:30pm Start7:00pm [2nd]Open8:45pm Start9:30pm
【MUSIC CHARGE】¥7,500(税込)
【MEMBER】Nao Yoshioka (vo) / Brian Owens (vo) / Michael Hicks (key) / Shaun Robinson (g) / Eric Ramey (b) / Rob Woodie (ds) / Lyn (back vo)
【RESERVATION】http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/nao-yoshioka/

   

THE SECOND PROJECT

Marvin Gayeの再来と呼ばれる米期待のソウルマン
30回忌を迎えるMarvinへ捧ぐ魂のトリビュート盤

“Marvin Gaye”や“Raphael Saadiq”の再来を思わせる本格派の新星ソウルシンガーBrian Owens(ブライアン・オウエンズ)。普遍的で耳触りの良いオーガニックな音に現代風の磨きをかけたサウンドと、洗練された風貌と立ち居振る舞い、そして人々の想いを代弁するソングライティングでニュークラシックソウルの最先端を走る新たなソウルスターだ。

         

セントルイスを拠点に活動を続けるBrianはクラシックソウルを独自に探求し続け、次第にMarvin GayeやSam Cooke、Johnny Cashといった偉大なアーティストの音楽にフォーカスしたコンサートシリーズへと繋げてきた。本場アメリカのリスナー達の注目度も高まり、アメリカの象 徴的なニュース番組「グッド・モーニング・アメリカ」へ出演。更にホワイトハウスでオバマ大統領を前に歌声も披露した。

また、ここ日本でも 2012 年にデビューアルバム『Moods & Messages』をSWEET SOUL RECORDSからリリースし、その混じりけのないレトロソウルの進化形サウンドは高い評価を獲得。そして2014年、30回忌を迎えるMarvin Gayeに捧げる魂のトリビュート盤『You’re All I Need – Brian Owens Sings Marvin Gaye』をリリースする。

Marvin Gayeの魂はここで生きている。そう感じさせてくれる新たなソウルスターの活躍に期待だ。

He’s the New Voice of American Soul
A Tribute to Marvin Marking 30 Years Since His Passing

Brian Owens, the new voice of American soul, reminiscent of greats such as Raphael Saadiq and Marvin Gaye. A new generation soul singer at the forefront of new classic soul with songwriting that speaks peoples feelings, an organic and polished contemporary sound, and the sophisticated appearance of the soul legends of the ’60s & ’70s. Brian, raised in the heart of soul, St. Louis, continues to explore soul music through a series of concerts that focus on music of legends such as Sam Cooke, Marvin Gaye, and Johnny Cash. Attention to Brian and his music increased dramatically in the US after appearing on well-know news program Good Morning America. He was also afforded the opportunity to perform live at the White House for President Barack Obama. Not only is Brian making a name for himself in the US, since his debut album release Moods & Messages with it’s retro soul sound in 2012 here in Japan by SWEET SOUL RECORDS, his reputation amongst Japanese soul music lovers is reaching new heights with each passing day. In March 2014, SWEET SOUL RECORDS is set to release Brian’s latest effort, a Marvin Gaye tribute album commemorating the 30th anniversary of his untimely passing, “You’re All I Need - Brian Owens Sings Marvin Gaye.” Marvin Gaye’s soul is still alive and Brian will play an active role in keeping Marvin’s legacy alive. There is no one other than this new soul man more capable.

New Album
You’re All I Need - Brian Owens Sings Marvin Gaye

昨年デビューし大きな話題を呼んだ日本人ソウルシンガーNao Yoshiokaとの“You’re All I Need to Get By”、“Ain’t No Mountain High Enough”のデュエットや、歴史的名盤のタイトルソング“What’s Goin’On”や“Let‘s Get It On”といった名曲達、さらに“What’s Happening Brother”、“Inner City Blues”のライヴバージョンなど、Marvin Gayeと言えばこれと言えるような名曲がずらり。彼を ソウルレジェンドに成らしめた曲が網羅されている。スタジオレコーディングではベーシストにグレゴリー・ポーターのベーシストを迎えるなどバンドメン バーにもこだわり、極上のカバー音源が誕生した。

   

THE FIRST PROJECT

    

日本人シンガーとして異例のアポロシアタートップドッグ進出
2013年、世界に向けて待望のデビューアルバムをリリース

ニューヨークから彗星のように日本に舞い戻ったアーティスト、Nao Yoshioka。その実力はチャーチに集まる現地の人々が、彼女の歌に立ち上がり涙するほどだ。 輝かしい経歴は日本のシーンという既存の枠にとどまることなく、音楽のトップクラスが集まるニューヨークで着実に刻まれた。彼女のたった二十数年という長いとは言えないキャリアには、既に世界から認められた証が多く刻まれている。ソウルシンガーの誰もが夢見る、あのアポロシアターの『アマチュアナイト』に出演し準優勝。日本人としては異例のトップドッグまで進出した。また、ハーレム最大のイベント『ハーレムウィーク』にも出演を果たした。

しかし彼女の歌の魅力は、本場で鋭く磨かれた技術だけではない。渡米前、16歳でデビューを目の前にするも、様々な苦境から一度は自ら道を閉ざした。その後この苦境を歌と一緒に乗り越えた時、彼女のなかに生まれたソウル(精神が歌声となり、多くの人々の心を動かすのだ。

帰国後はSWEET SOUL RECORDSからの自身初のオリジナルシングル、「Make the Change」をリリース。シングルは世界中のソウルアーティストが集まるコンピレーション、「WORLD SOUL COLLECTIVE VOL.1」に収録され、世界にその名前を轟かせた。

東京でキャリアを積んだアーティストNao Yoshiokaが世界に羽ばたく瞬間は、目の前に迫っている。

Introducing the Japanese soul singer who advanced to the "Top Dog" round at The Apollo Theater, her debut album is set for release late in 2013

Introducing the Japanese soul music singer Nao Yoshioka. Known to bring tears to the eyes of US churchgoers, Nao has returned from New York to Japan like a comet.

After reaching the final stage of the coveted McDonald's GospelFest and advancing to the Top Dog round at The Apollo Theater, in New York, a dream for most young soul singers, Nao is continuing to take her career to a new level within Japan’s booming soul music scene.

The lure of her music in not about technology but the way it's refined and home polished which allowed Nao to debut as a professional vocalist at the age of 16 years old.

On her arrival back in Tokyo, Nao was given the opportunity to record the first original single for SWEET SOUL RECORDS titled "Make the Change." The single was featured on SWEET SOUL's compilation album "WORLD SOUL COLLECTIVE VOL.1" featuring other talented soul artists from around the world.

The time is at hand for this talented young soul singer to spread her wings and take flight.

Debut Album
The Light

『The Light』 - Nao Yoshiokaが10代の頃に経験した闇。その闇に差し込んだ小さな一筋の光を示すのがこのアルバムだ。アメリカ、オランダ、オーストラリア、ニュージーランド、そして日本の才能溢れるアーティスト達とのコラボレーションによりこの一筋の光が音楽となり完成した。

“The Light” — an album born from the dark times of a troubled teen, and her ability to hold on to a small amount of light which lit her way, and is made possible through collaborations with talented soul artists from the US, The Netherlands, Australia, New Zeland, and Japan.

PROJECT MEMBERS

Shirma Rouse, Salle de Jonge, Hugo den Oudsten, Melle 'Bas' van der Wal, Alexander van Popta, Budy Mokoginta, Lisa van Viegen, Efe Erdem, Ben Rodenburg, Randell Hey, Maite Neri, Hiroshi Shibuya, Hiroyuki Matsuda, Neeraj Khajanchi, Tomoaki Kanno, Sokusai, Takuya “TAK” Tanaka, Kaz Kato, Tony Esterly, Miles Vandiver, Victor Broden, Adaron Jackson, Ben Reece, Luke Arens, Mack Gordon, Harry Warren, Joe Meyer, Takuya Kuroda, Brandon Dickson, Benjamin Dickson, Daniel Dickson, Masashi Aiba, Naoki Yamanouchi, Michael Harris, Sachiko Tada, Nobuaki Takayama, Yechang Han, Ryo Machida, Masaki Ogura, Hiyori Kuji, Skeharu Ito, Atsushi Shimada, Yoko Motoi, Asano Tatsutya, Takegoro Kobayashi, Yoshiki Takahashi, Hiroki Murakami, Lyn

NEWS

ABOUT SWEET SOUL RECORDS

SPREAD REAL MUSIC.

日本から世界へ、世界から日本へ、そして、「国境、人種を全て飛び越えて」
“Connecting the World of Soul” beyond race and national borders, and all generations

ボーダレスなソウルカルチャーの創出を目指すリアルミュージック専門レーベル

東京発リアルミュージック専門レーベル、SWEET SOUL RECORDS は、日本の実力派アーティストが創り上げるソウル・カヴァー集、『SOULOVER THE RACE(‘09)』のリリースをきっかけに、世界に日本のアーティストを輩出することを試みて来た。『SOUL OVER THE RACE』に対し世界から多くの賞讃の声が届けられると同時に、世界中のアーティストからレーベルでのリリース依頼も殺到するようになる。その中から厳選された数々のアーティスト達によるタイトルを、国境を隔てずリリースしてきた結果、世界20 ヵ国以上のアーティスト達との深いコネクションと、日本、世界でのレーベルの認知度を手に入れた。 2012 年、レーベルの集大成として、ベストコンピレーション『 WORLD SOUL COLLECTIVE VOL.1 』をリリース。世界中のインデペンダントアーティストや、ソウルミュージックを信仰するファンに向けてのメッセージソング、“Make the Change”、つまり「変革は自ら起こすもの」をタイトルに、レーベル主導でオリジナル曲の制作を開始。Nao Yoshioka をシンガーに向かえ、製作陣は日本屈指のソングライターと、ニュージーランドのネオソウルアーティスト、Sacha Vee とのコラボレーションによって制作された。これをきっかけにNao Yoshioka が世界を繋げるビーコンとなり、アメリカ、オランダ、オーストラリア、ニュージーランド出身のアーティストらと共に本格的に一枚のアルバムを創り上げるワールドワイドなプロジェクト"Make the Change Project"を始動。国境、人種を越えて世界のソウルミュージックシーンを繋ぐために活動を続けていく。

Creating a Borderless Soul Music Culture

SWEET SOUL RECORDS will create a borderless soul music culture beginning in Japan then globally by altering the worldwide soul music landscape. First we will expose the Japanese culture to great soul music artists from all over the world, while simultaneously showing the world that Japan also has talented soul artists and musicians. We are focused on select artists, those in the Soul, Jazz, R&B, and Funk genres, and deliver their music to soul music listeners worldwide. At present we represent more than 50 artists and titles from 15 different countries, including Japan.

We will then bring international artists to Japan for events and concerts, allowing increased promotion of their music, and help Japanese artists venture out to other countries around the world to record, perform, and collaborate with international artists.

A borderless soul community will consist of artists, musicians, and fans communicating by online platform with Japan as its hub. This platform will allow artists to seamlessly collaborate with other artists, share fans, and help promote each others music.

ページTOPへページTOP

©2012 Lifesound, inc. All Rights Reserved.
LifesoundPhoto Studio TERRANOVA TERMS OF USE | PRIVACY POLICY